ヒアルロン酸と痛み

潤い成分として知られるヒアルロン酸は、体の中にあってクッションのような役割を果たしています。
もともと体に備わった成分ですが、加齢と共に体内から減少していき、体に水分が足りなくなったり関節がギシギシいうようになるのです。
ヒアルロン酸が存在する部位は、皮膚や関節をはじめ脳や髪や目、骨、血管、爪など全身に至ります。
肌がカサカサするときの対策に、化粧品やサプリメントでヒアルロン酸を配合した商品を利用する方法もあります。
ここでは、骨や関節に含まれるヒアルロン酸が不足するとどうなるのかについてお話しましょう。


膝や肩などの関節がスムーズに動かなくなった、痛みが出るようになったという症状を感じて、初めて人はヒアルロン酸の不足を疑うようになります。
20歳の頃にはたっぷりあった成分が、30歳では65%に、50歳では45%に、60歳では25%ほどにまで減ってしまいます。
体は食べたものの栄養で作られていますから、少なくなった成分は食べ物から補給しなければ体の老化が進みます。
天然のヒアルロン酸は、鳥の手羽、魚類、軟骨、ニワトリのトサカ、フカヒレなどに多く含まれています。
積極的に食生活で摂り入れるようにすれば、体のトラブルは改善されてきます。


ヒアルロン酸が不足して関節のクッション役を果たせなくなると、痛みが出て体を動かすのも段々嫌になってくるもの。
すると外出が減ることで、もっと体がなまってしまいます。
骨や関節だけでなく、筋肉まで痩せてしまわないように気をつけましょう。


[管理人推奨リンク]
朝の化粧のりが悪いとお悩みの40代以上の女性向けのヒアルロン酸情報サイトです ⇒ ヒアルロン酸

Copyright © 2014 元気になる!ヒアルロン酸 All Rights Reserved.